FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホモの僕の今までを振り返る話①

1:名も無き被検体774号+:2012/03/13(火) 16:28:29.46 ID:zjYnMLb+O


立ったら書きます。





3::2012/03/13(火) 16:31:36.35 ID:zjYnMLb+O


立ちましたか。



途中まで書き溜めしてるんで

どんどん書いていきます。



文才ないですけど

お手柔らかにお願いします。





4:名も無き被検体774号+:2012/03/13(火) 16:32:10.79 ID:ZIok96Sx0



支援





5:名も無き被検体774号+:2012/03/13(火) 16:32:16.08 ID:R7axvFmO0



ぱんつぬいでいいの
8::2012/03/13(火) 16:35:49.10 ID:zjYnMLb+O



>>5 ごめんなさいパンツはいてくださいww






6::2012/03/13(火) 16:33:20.03 ID:zjYnMLb+O



みなさんは一番古い記憶を覚えていますか?
遊園地に家族で行ったこととか、怪我をしたことだとか、おおよそそんなかんじのことです。










7::2012/03/13(火) 16:33:54.25 ID:zjYnMLb+O



僕の一番古い記憶は両親の喧嘩でした。
怒鳴る父親、食器の割れる音、玄関に落ちている包丁、
痣をつくって部屋の隅でないている母親・・・、
当時僕は5歳くらいでしたので断片的な記憶でしかないのですが、
あの時の衝撃は今まで忘れることができません。












8::2012/03/13(火) 16:35:49.10 ID:zjYnMLb+O



その後、僕が小学1年生の時に両親は離婚。
父親は離婚と同時に住んでいた一軒家を改築。
僕は小さなアパートを借りて母親と姉と3人で暮らし始めました。
(父親は会社で寝泊まり)



そのアパートには時々父親も来て、クリスマスパーティーや誕生日会もしました。
幼かった僕は何も知らず、父親が家にいないことを不思議がっていました。
まさか偽りの夫婦だったとは・・・。

9::2012/03/13(火) 16:36:44.28 ID:zjYnMLb+O


学年が上がり僕が小学2年生の時、元いた家の改築が終わって引っ越し、
住みはじめました。父親と姉の3人で。



詳しいことは聞いていませんが、
家裁が金銭面や生活面を理由に父親に親権を与えたのだと僕は推測しています。





10::2012/03/13(火) 16:37:59.65 ID:zjYnMLb+O


それでも母は聞いてきました。



母「パパとママは離れて住むことになったの。
パパと一緒に住むならこの家に住む。ママと一緒に来るなら転校しないといけないんだ。
1はパパとママどっちがいい?」





12::2012/03/13(火) 16:41:29.82 ID:zjYnMLb+O


あ、スペック忘れてました。父、母、姉、僕の四人家族でした。

現在僕は18歳、春から大学生、顔はかっこよくないが可愛いってたまに言われます。







大人の事情を微塵も知らない僕はこう言った。



1「おうちがいい。転校したくない。」



母「わかったよ。1はねぇねぇとパパと一緒に暮らしな。
でも、もしママと一緒に住みたくなったらいつでも来ていいからね。
いつでも電話してきてもいいからね。」





13::2012/03/13(火) 16:42:28.91 ID:zjYnMLb+O


それから僕と姉は、父親と一緒に暮らしました。
かと言って全く母親と会えないわけではなく、
週に3.4回は家に来て晩御飯を作ってくれました。
当時の僕の大好物は、切り干し大根とひじきでしたww





15::2012/03/13(火) 16:43:05.02 ID:zjYnMLb+O


家に一緒に住まず、夕方になればどこかに帰っていく母親の後を追ったこともありました。
姉と協力して稚拙ながらに白玉団子を作って母親にあげたこともありました。



姉は気付いていたのかも知れませんが、
当時の僕は家族4人一緒に住まないことが不思議でなりませんでした。





17::2012/03/13(火) 16:45:16.38 ID:zjYnMLb+O
































しばらく時が経ち、ある日を境に母親は家に来ないようになりました。
父親が「もう家に来るな」と母親に言ったらしいです。
少し寂しかったものの、またいつでも会えるだろうといつもの様に僕は過ごしていました。
それから本当の父子家庭が始まりました。





18::2012/03/13(火) 16:46:09.70 ID:zjYnMLb+O


ですがそれもつかの間、母親が僕と姉を引き取りに来ました。







新しい父親と共に







~序章終了~





20::2012/03/13(火) 16:48:26.05 ID:zjYnMLb+O


まぁ新しい父親、と言っても見ず知らずの人ではなく、何度か会ったことのある人で、
TDLにも連れていってくれたこともありました。





21::2012/03/13(火) 16:48:56.53 ID:zjYnMLb+O


ここでまた家裁の登場らしいです。親権は母親に渡りました。



母親が引き取りに来た時期が小学3年の2学期で、
時期も時期だったので転校は4年生になってからということになり、
マンション(偽父と母親と姉の4人で住みはじめた )から小学校に通い始めました。
ちなみに車通学ですたww





22::2012/03/13(火) 16:50:16.90 ID:zjYnMLb+O


そしてついに転校。姓が変わり戸惑いましたが、それでも友達もでき、
すぐに学校に馴染めることができました。





24::2012/03/13(火) 16:51:01.83 ID:zjYnMLb+O


ちなみに僕は小学1年生のころから半強制的にサッカーを習わされていて
(やる気ゼロでしたが)、転校した学校先でもこれまた
半強制的にサッカーを習わされました(またまたやる気ゼロ)。







そしてそこで出会ったしまった



一生忘れられない人に



忘れることができない人に







~革進編終了~





28::2012/03/13(火) 16:54:33.98 ID:zjYnMLb+O


ごめんなさい文体変えます。

丁寧にしたら書きずらい。



そいつのことをSとします。

Sはたぶん2ちゃん見てると思うから、
これみたら自分のことだって気づくんじゃないかなww

おーい見てるかーww

こんなん書いてごめんなーww

見てたらメールしてこーいww

もうメアド消したけどww





29::2012/03/13(火) 16:55:07.99 ID:zjYnMLb+O


閑話休題

Sの最初の印象は、自己中。自分のことしか考えなくて、それでいてイラシで嘘つきで・・・。
正直言って苦手なタイプだった。



Sとは小学6年生の時に始めて同じクラスになったけど、その話は後回し。





31::2012/03/13(火) 16:55:59.87 ID:zjYnMLb+O


転校先での始めての給食、俺は泣いたww

話が前後して申し訳ないんだけど、偽父にTDL連れていってもらった帰りに、
車の中で吐いたんだ(当時小学2年生)。普通の風邪だったんだけど、
治った後も吐くのが怖くて食事もろくに食べられず、徐々に衰弱していった。





35::2012/03/13(火) 16:56:43.59 ID:zjYnMLb+O


ほら、お腹が空きすぎたら逆に気持ち悪くなることあるだろ?
それが悪循環してしまったんだ。

お腹空く→気持ち悪くなる→ご飯食べれない→
もっとお腹空く→もっと気持ち悪くなる、って感じ。





37::2012/03/13(火) 16:57:43.73 ID:zjYnMLb+O


まぁ今考えたら親の離婚が原因のストレスなんだろうけど
(頭に10円ハゲできたこともあった)、真父親のお陰で無事に何でも食べれるようになった。





40::2012/03/13(火) 16:59:21.34 ID:zjYnMLb+O


俺、ドラえもんはやっぱりのぶえもんがいいなww



続き

でも未だに吐くのは怖くて、ご飯は平均的に見て少食ぎみ。



食事ってみんなにとったら、楽しい!!とか幸せ!!なんだろうけど、
俺にとったら、食べなければいけない、っていうものなんだ。



こうなったのは偽父が原因。





44::2012/03/13(火) 17:01:45.69 ID:zjYnMLb+O


だから、絶対に食べなければいけない給食(担任がお残しは許しません)だったから、
思わず泣いてしまったんだww





46::2012/03/13(火) 17:02:48.89 ID:zjYnMLb+O


そして人生初のモテキ到来ww

3人くらいに同時期に告白されたww俺は最初に告白してきた子と付き合うことにした。





47::2012/03/13(火) 17:03:25.70 ID:zjYnMLb+O


まだこの時は自分がホモだなんて思ってなくて、
かと言ってその告白してきた女の子が好きということもなかった。
ただ一緒にいたら楽しかっただけ。



その子とは4.5.6年生同じクラスだったけど、5年生の終わりに俺が振った。





48::2012/03/13(火) 17:04:31.43 ID:zjYnMLb+O


そしてついに6年生。

始めてSと同じクラスになった。



Sはお調子者だがクラスのムードメーカーで人気者だった。

クラスではSとは用があったら話すくらいで、いつも一緒というわけではなかったな。



これといって大したこともなく



中学生突入





49::2012/03/13(火) 17:05:19.17 ID:zjYnMLb+O


ちなみに家庭では、偽父と母親が時々喧嘩もしていたが割となかよくやっていた。

しかし姉と俺は偽父を受け付けられるわけがなく、
顔を合わすのは土日だけ。会話は連絡事項しかなく、日常生活のこと話すなんて皆無だった。





気を取り直して中学生突入





50::2012/03/13(火) 17:08:29.05 ID:zjYnMLb+O


小中とも公立(まぁ高校も公立)だったので、
ほとんどがそのまま地元の中学に入った。もちろんSも、俺も。



クラブは内申書のためにテニス部に入部。そしたらまさかのSもテニス部ww
また一緒かよ、って笑ったww





52::2012/03/13(火) 17:09:33.34 ID:zjYnMLb+O


1.2年生の時は馬鹿やったり、ラケットで虫殺したり(ごめんなさい)、
ふざけたり、先生に怒られたり、とにかく楽しかった。
笑わなかった日なんてなかったと思う。





53::2012/03/13(火) 17:11:08.89 ID:zjYnMLb+O



















































































































続き

下ネタも友達から学んだ。セクロスはこうやるんだとか、
どの女子が良いだとか、どの女子の胸が大きいだとか・・・。
だけどなんか俺にはしっくりこなかった。
全くって言っていいほど女子の体に興味が湧かなかった。







そしてある日やっと気付いた



男が好きなんだと







~覚心編終了~





55::2012/03/13(火) 17:13:52.34 ID:zjYnMLb+O


中学という小さな社会の中で、
自分がホモだということがばれないかびくびくしながら毎日を思い過ごしていた。



自分は異常なんだ、男が男を好きなるなんておかしい、
女を好きになろう、ならなくちゃいけないんだ!!





57::2012/03/13(火) 17:15:29.97 ID:zjYnMLb+O


だけどそう思えば思う反面、
体育の時間には男の子の体を見てしまい反応してしまうのを必死におさえ、
そして自慰をするオカズはやっぱり♂×♂の動画だった。





58::2012/03/13(火) 17:16:18.08 ID:zjYnMLb+O


自殺も幾度となく考えた。紐を首にまいたこともあった。
カッターを手首に押し当てたこともあった。
でもやっぱりチキン野郎の俺には自殺する勇気なんてなかった。できなかった。





59::2012/03/13(火) 17:17:50.07 ID:zjYnMLb+O



























周りと自分は違う。

その事実は中学生の俺にはとてつもなく重かった。

男友達がタイプの話をするときは適当に流し、
どの女子が好きなんだと聞かれても適当に流していた。





60::2012/03/13(火) 17:19:54.23 ID:zjYnMLb+O


自分のことなんてどうせだれもわかってくれない。
カミングアウトしたってどうせ引かれるに決まってる・・・。







こうして周りに無意識に壁を作り



遂には人を信用しなくなった







~隔心編終了~



今思えば悲劇ぶってただけだな、俺。悲しい自分が好きだっだよ、恥ずかしww





61::2012/03/13(火) 17:22:12.79 ID:zjYnMLb+O


そう思い悩んでいた内に最高学年、中学3年生になった。
一番Sとの思い出がある中学3年生。





62::2012/03/13(火) 17:23:00.70 ID:zjYnMLb+O


Sは根無し草というか、友達が多く、一つのグループに属さないで
休み時間にはあちこちのクラスに行くやつで、
最初のうちは教室にいることがあまりなかった。

俺は俺でクラスに友達(?) がいたので、Sが教室にいるときはSと、
Sが教室にいないときは友達と話していた。





63::2012/03/13(火) 17:24:01.35 ID:zjYnMLb+O


で、だんだんみんながクラスに馴染んで、みんな仲良くなってきた頃、
俺とS、そして4人の女子、合計6人のグループができた。





64::2012/03/13(火) 17:25:04.82 ID:zjYnMLb+O


6人はいつも一緒にいて、教材の荷物持ちや、
郊外に遊びにいったり、食べにいったりもして、とにかく仲が良かった。

また、男は二人だけなので、俺とSはもっと仲良くなれた。
一緒にいるのが当たり前になった。





65::2012/03/13(火) 17:29:13.53 ID:zjYnMLb+O







































そして気付けばいつも側にSがいた


そしていつの間にか俺はSのことが好きになっていた




儚く辛い叶わぬ初恋の始まりだった





~確信編終了~









②へ続く
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。